読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の光 明日の風

毎日出会うモノコトヒト、から何かを感じる自分を観る。言葉遊び

多分それでも

東京に戻り、片づけの合間に徐々に戻ってきた日常を過ごしている。

 

車に乗って走ると、忘れてしまっていることの多さに驚く。

 

あんなに通っていたのに、どんな道か、何があるのか、

思い出せない。

 

年齢なんだろうなとも考えるけれど、

本質的には、一度はあきらめた、手放したところだからだと思い至る。

薄情かもしれないが、

もう帰ってこない。と、考えた土地でもあるのだ。

 

でも、帰ってきた。

なぜだろう。

自分のことを「踏ん切りのつかなかったやつ」と責めるのは、もうしない。

 

私は、選んでしまったのだ。

 

これが、自分にとって捨てきれなかったものなのだ。

家族の形。

経済の形。

 

結局枠から出ることはできなかった。

短い冒険。

せめて、あるもの、いるところでやりたいことをやっていこう。

どこにいても、笑って暮らせる自分であろう。

そうなるために時間を費やしてきた。

きっと大丈夫だ、頑張りながらも笑えるはずだ。

 

そう決心して帰ってきたはずなのに、

ここ数日虚しさが近づいてきているのを感じる。

 

ふとした瞬間に、すっと入り込んでくる。

 

何をしているんだろう、私は。

そんな風に肩を落としている。

疲れているのかな。

 

友人たちは使えそうな店を教えて回ってくれたり、

近況を話に来てくれる。

 

多分、私のこちらでの生活と抜けた時間をつなぎに来てくれているのかもしれない。

友人を懐かしく思う。

会えてうれしい。

これから、もっと一緒にいなかった時のこと話せるだろうか。

 

友人の主催するマルシェに行った。

古い神社の境内で行われる市。

 

昔ここで出店したり、祭囃子を友人たちと奉納したりした。

懐かしいなと思いながら、そぞろ歩き。

 

「雅楽の演奏がちょうど始まるよ」と言われたので、

おいしいコーヒーを買って椅子に座るとちょうど始まった。

 

ぽつぽつと雨が落ちる。

数年前はこんな雨にこどもが濡れるということに神経をとがらせていたな、

こうしていても、コーヒーを飲んでいられるほど、

私はたくさん手放した。

 

なのに、なんで虚しいのかな。

 

雨はすぐに止んだ。桜の花が満開で、空気がほんのりと霞み色づく。

 

立ち上がり帰ろうとして拝殿の前を通り過ぎた瞬間、涙が出る。

なんだろう。

 

お参りしよう。

お賽銭を入れて、鈴を鳴らす。

二礼二拍

首を垂れてご挨拶すると、

奥のほうから「待ってたよ。お帰り♡」と聞こえるような気がしてしまった。

今、私、帰ってきたんだな、と思う。

一礼して後にする。

 

いろいろあってこの地を離れて、また戻ってきて、

そのうえ図々しいかもしれないが、

多分それでも、私は愛されている。

 

何がなくても、必要があろうとなかろうと、

多分、愛されているんだ、と思った

 

虚しさも、失望も、

当面付き合いながら、

この町で暮らしていくことを考えよう。

 

 

広告を非表示にする

幕が降りる気配

なんていうのかな、、
近頃は、「私の熊本での役割は終わったな」と
感じます。

大層傲岸不遜な言いようだと思われても仕方ないですが、
人は好む好まざるに関わらず、
運命の、世界の流れの中でその人だけの
何かしらの役割、機能を持っていると
私はあるときから思うようになりました。

人と人との関わり、そこに快、不快様々ありますが、それ自体は流れの中での出来事。

どこか遠いところから俯瞰する目線をうしなうことはありません。
感情が荒立ちきっているときさえ、
私の中には、或いは上には、私を、周囲を眺める目があるのです。

私は特定の宗教はもちませんが、
その目線こそが私の中の神的な世界であり、
運命の移ろいの中で自分に訪れる役割を知らず知らずにこなしていく、生き物の存在そのものがいとしいと感じてしまう。
ニュートラルな、認識体。
幸、不幸、苦楽、生死、出会い別れ、すべて無常。
そんな感情や事象など、
単なる波でしかない。
その波に翻弄されながら、自らのドラマを行い、更に運命の流れの一滴として働く。

無常。。

方丈記序文脳内再生中)

今、帰郷を前にして振り返れば、
私の果たしたささやかな役割を見ることができる。
他の人にはわからなくとも、私にはわかる
マップがある。

ま、役割があるといいながら、
逆説的に
役割などなくてよい、
何もなくてよい、
とも、思ってますが。

寂しいと思う人間な私は心乱れながら、
ハイヤーフロアな私から見れば、
終わることは、やはりただの波。

広告を非表示にする

親切ごかしと依存心

争うのは嫌いだけど、
戦う素質はある。
うまく使いたいものだよ。

遠回しに気を引きたいだけのために、
くだらない、
他人を不快にするような
言葉を無防備な相手に
投げかけてくる人は甘えん坊だ。

自分にちゃんと向き合わないから、
他人の快適さや穏やかな時間、
真剣に前に向かうエネルギーを
平気で奪えるし、
奪っても(もらっても)
そんなことにすら気が付かないほど
鈍感なのだ。

はっきり言って、
そういう人に関わるほどの、
余分な親切心の振りしたおせっかいもまた、
傲慢だ。

そんなことをしようとするから、
変に絡まれたりする。

そういう甘えたい人間に、
関わる自分も傲慢なのだ。
甘ったるいのは自分も一緒だ。

手放さなければ。
人の力になって
誰にでも好きになってもらいたいという
甘えた幻想を。

誰にも侵されない。


自分も相手も尊重する人同士が影響しあうのは愛だが、
親切ごかしとだらしない依存心の相関は、結局領土争いだ。

搾取を許可しない強さと
相手と自分の課題を分離する真摯さを持ちたい。

嫌いなことをやってみる話

年若い友人と話していた。

彼女曰く、嫌なこと、興味がなかったような世界観の人と今出会う時期に差し掛かっているらしい。

それはまた、新しい世界の広がりを感じて、
ワクワクしたことだ。

彼女はちょっと前に会った時と随分雰囲気が変わっており、素敵さも増していたので、
自分と、新しい世界にちゃんと向き合っているんだろうな、と、清々しい気持ちになった。

さて、彼女に関してはそのようにして
心配なことはないのだが、
彼女が引き合いに出した話で
随分引っかかる話があったので
またこうして書いているわけだ。

私と彼女が共通に読んでいたブログがある。
私は、そのカミソリのように容赦なく人生を斬り刻みながら余りにも本気で生を哲学する著者を
畏敬し暫くは読んでいたのだが、近頃は追い込みすぎて愉しさがない(私はそう感じた)のに辟易して読まなくなっている。

友人が引き合いに出したのはそのブログ中に登場した「嫌なことを実践する女性の話」。

その女性は自分の嫌なことに興味があった。
付き合っていた男性を全然好きではなく、
むしろ本気で嫌だった。
しかし、こんなに嫌なら結婚したらどうなるだろう、と考える。

そして結婚した。

その後、やっぱり嫌なままであると認識。

女性は思う。

こんなに嫌な人の子どもを生んだらどうなるだろう。。

果たして彼女はそれを実行に移したのち、
やはり嫌なものは嫌だった、という現在に到っているという話だ。


…………。

…………………………。

……………………………………………………え?

なんの話???

これなんの話なの???????

まあ友人は、こういう例もありますから、という感じで、私もやってみたことでいろんなことに気がついて良かった、ということを多分言いたかったので、
私は友人に引っ掛かたのではなく、
その女性に対して、ジワジワと衝撃を受けたのだ。

仮にAさんとして、
Aさんは嫌なことをやってみることに、
長いスパンかけ過ぎじゃないだろうか。

やってみたことに飽くことなく、更に嫌なことを
求めて自分を追込む。

なんの罰だろうか。

一体何故そんなにまでして
自分の嫌なことにこだわるのだろう。

私は本文を読んでいないから
Aさんの人となりは敢えて推測はしないのだが、

意識せずに同じことをしている人は
もしかしたら多いのでは、と思った。

自分を嫌なことに敢えて押し込んでいく心理。

私もそんなことあったかもな、と
ゾッとした。

なんの贖罪なんだろうか。
どうして、そんなに自分の喜びや愉しさ、快適さを奪取返上、捨て続けなくてはならないのか。

理由を探るよりも、
そのために失うものに目を向けたら、
逆にその罪深さにおののくよ。

自分を殺すことで、喜びから遠のく。
同時に関わりをもつ家族や恋人、友人も喜びを得ることが出来ない。

(そもそも関わりをもつ時点で、周りの人自体も
同じもの、呼応するものを持っているのかもしれないのだが。)

怖ろしいな。

私はそんな生き方はもうしたくない、とほとほと思った。

同じカルマの輪の中から出て、自由に笑いたい。
私の大事な人が、皆笑うようになると信じて。

愚かしくとも、

自分の喜びや
生きる力を鼓舞するための選択できるようでありたい。
同じ何かをやるでも、やらされてると誰かを加害者に仕立てて自分を被害者に追い込まず、自分が選んだんだ、と誇りを持ちたい。

自分の人生を生ききることが、
関わってくれる人への敬意にもなり、
この世に生まれた目的だと信じる。

自分のバイタルフォース下げることは
もうしたくない。

人生に嫌やなことを課し続けるなんて
憎悪だ。

私なら、
私が私に何かを課すのなら、

嫌なことに「それは嫌だ」と言って、ということ。
自分の純度をあげていくことを赦して、ということ。


私の快適、私の違和感を退け続けた
私の中の「いい子」「弱い子」な顔した怖れよ。
もういい。

成仏しなされ。
愛してるよ。今まで守ってくれてありがとう。


と言ってやりたい。

今自分がそういう方面に目を向けているだけに、
逆ベクトルに強く反応してしまったのかな。
まだまだ真逆に走ってるだけなのかもな。

きっといつかこなれて、
よい塩梅に落ち着くまで
私は自分勝手、陽気なエゴイズムを育て続ける。

年末所感

いよいよ、2016もあと数日。

振り返ってみると、
慌ただしいのとは違うけど、
まあ山あり谷ありの一年でした。

年の始めに作ったコラージュを
振り返りしてみたところ、

ある意味、自分に対しては
真摯な一年だったと思いました。

自分と肯定的な、或いは嘘のない
対話を模索し続けた一年でした。


今年は昨年よりも落ち着いて、
『自己肯定、自分に伴走し続ける決意。』『コミュニケートする勇気』『自分らしくいながらにして、協働できる場所』に目標が絞れました。。

いくらかは変われた、いくらかは叶った
と思っています。

自信っていうのは、
何か出来たから、何かがすごいからある訳じゃない。
根拠なくとも、大丈夫だよ、君は勇気がある。出来るよ。と腹で決めて、
ただコミットし続けていくことなんじゃないかな、と感じています。

やり続けていくうちに、
うまくいかない日があっても、
落ち込んだり、
自分を責めたい日があっても、
『そうかいそうかい』と内の声に耳を傾けて、
また、浮上する。

あーダメだなあ、、でも、ダメでもいいよ。そんなあなたも好きだよ。大丈夫。と
胸に手を当てて、呟くのです。
今年はそうしてきました。

今までは私自身が一番の監督者であり、非難者で、常に『なんでこんなことも出来ないんだ。もっと正しく、間違えなく、過不足なく、やれ‼』
と自分を責め続けていたのを考えると、たいした進歩です。

きっと周りの人も、気が楽になったんじゃないかなあ。

今の私は多分、
2016始めまでの私よりも
自分を信じてる。
愛してる、と思います。
そして強くなった、とも。

これからも、
雨の日
曇りの日
あっても、
無価値感や虚無、タナトスを覗くような
日があっても
きっと私は私と共にあり続けていこうと
そう思っている年末です。

広告を非表示にする

クリスマス

メリークリスマス。

本来のクリスマスは、厳かに、静かに過ごすものだそうだが、そういう粛々とする姿勢から離れて、もういっそクリスマス?なにそれ美味しいの?ヽ(・∀・)ノくらい無関心になりつつある。 

子どもがシュタイナー幼児園にいっていたときは、アドヴェントをつくったり、
毎日お祈りをしたり、
ミツロウ蝋燭を作って
毎日灯していったり、
ヨセフ、マリア、イエスの人形をミツロウ粘土や、羊毛で作るなど、
感覚でクリスマスを祝うことを学んだが
今は全く手放してしまった。

今やクリスマスはサンタさんがプレゼントを持って来る日!です。はい。

まあ、それでも。
美味しいシュトーレンを少しずつしみじみ
噛み締める幸せは
やはりこの時期ならでは。

好きな男の子と
クリスマスデートになるかもしれない、と
明日のために洋服を選ぶ娘。
かわいいなあ。
彼の楽しい仲間たちが、明日くらい
気をきかせてくれるといいね(^_^;)

広告を非表示にする

最近、次女が親離れが一気に進んだ。

お互いに余りにも依存的なことに
自分で危機感を覚えて、
強めに突き放したら
それから急に、メキメキと強くなった。

そんな次女のたまわく。

『うち、最近、低学年の子にめっちゃ好かれるようになった』とのこと。

へえ、赤ちゃん気が抜けて
お姉さんになったのかなあ。

その流れで面白いことをいいました。

『宿泊学習行ってから、友達が面倒なこと言ったときにどう言えば良いか分かった』

ん、どう言うの?

『友達が時々、退屈だから誰か苛めよう✨ていう。嫌だから断ると、うちのこと好きじゃないの?て怒る。面倒だなあと嫌だったけど、「あ、逆にうちらの友情ってそんなことで壊れるんだ!」て突き放すと「ごめんねえ嘘だよ~嫌いにならないで~」と言ってくる、そしたらうちも「だよね!うちもウソウソ!大好きだよ」ていうと、それで終わる』

『毎回同じ言い方だと効かなくなるから、次の言い方をまた考えよー』
…………大変ねえ。
しかし、なかなかのものじゃないか、
と感心する。
相手の同調圧力に屈せずに問題を回避し、
更にお互いに好きだよね(*^▽^*)で
収束。

わー、見習いたい。

次に長女のたまわく。
『うちと君似てるね、やっぱり。
うちの友達にもたまに思い通りいかないと、「私のこと好きじゃないの?!」て凄んでくるこがいる。うちは、「好きだけど、うちはあんたの召し使いじゃないから」というと、「相手がごめんねえ~(>_<)
」と言って、くっついてくるから、そしたら、大丈夫大丈夫、大好きだよ😃ていう。』

とのこと。

今時のこは大変ねえ~(>_<)

LINEやったりして、近くて密度の濃い付き合いの割には、やっぱりみんな自信がないのかなあ。

嫌なことはやらないと言えることと、
嫌いじゃないよということを
同時に切り分けて相手に伝えるて、
結構高度だね~。

鍛えられてるなあ、今の子、と
割りと驚いた話です。