読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の光 明日の風

毎日出会うモノコトヒト、から何かを感じる自分を観る。言葉遊び

臆病~或いは、自信がないってつまらないということ

友人に返却するものを届けての帰り道、
まっすぐ家に帰らずに、
ゆっくり自分の時間を過ごせる場所に
行きたいと、頭を巡らせた。

その場所からそんなに離れず、
静かで、一人のスペースがゆったりととれて、コーヒーが美味しくて、内装が綺麗なところ。

だいたい頭の中は決まっていた。

数日前にはじめていったお店に行くのはどうだろう。
場所も遠くない。

美しいステンドグラスが明かりとりの小さな窓に嵌め込まれ、店内はほの明るく、静謐な空気感。
バイオリンやピアノのクラシックが流れている。コーヒーも美味しい。お店の人は上品で優しく接してくれる。

言うことないな。

ハンドルを切って、車を目的地にむける。

その時点で迷いはない。はず。

だいぶ近づいた頃、
変な心配が鎌首をもたげる。

この前行ったばかりで、変じゃないかな。

あのお店のテーブルの向きは、どうも落ち着かない。誰かと行くならいいけど、一人ならもう少し、個席感があるほうがいいな。

ぐるぐる。

いや、違う店行こう。

前から行ってみたかった。
ちょっとスタイリッシュで、
スペシャルティにこだわってるけど、割りとリーズナブルな店。

あそこなら、なんとなく、
独りに没頭できそう。

ハンドルを切って方向転換。

だいぶ近づいた頃、なんとなく、
変な心配が鎌首をもたげる。

なんか、不安。
場所がいまいちわからない。
ナビにでない。

それに、なんかはじめての店だから
ドキドキしてきた。

と、その時に右手にチェーンのカフェが。

あ、ここにしよ。

今までなんだったのー、てくらい勢いよくハンドルを切って、駐車場に入ってしまい
今に至る。

コーヒーはさほど美味しくないし、
席も個席感がない。
内装はなんとなく雑然として気がない。
Wi-Fiがつながっているのは便利だが、
読書に集中出来ない(←店のせいじゃない。)

はあ。
不満だ。

まてよ。

不満なのは、この店じゃなくて、
迷って迷って、ひよった自分に対してなんだよなー。

最初の店は上等な店で、
なんだかよくわからないけど、
『いやいや私なんぞが3日も空けずに通わせていただくなんて、なんかもうすみません。改めさせていただきます。』みたいな、なんか卑屈なメンタル。

二番目は、なんかさ、コジャレてさ、
行ったことないしさ、
ちょっと怖いなー、
また今度にしよっと、
みたいな、
なんていうかもう、

ちいせえ。

オレ、ちいせえ‼

なんでこうも余計なことばかり考えちゃうのかなー。

ていうか、わざわざ言い訳を浮かび上がらせて、逃げようとしてるの。
その店に合わない自分を作り上げて!

やだわー。

この自信のなさがいやだわー。

私の理想のパターンを考えてみる
     ↓
     ↓
     ↓

行ってみたい!→きたー\(^o^)/

やってみたい! →やったー\(^o^)/


憧れの
直情直行直帰マシーン型ポジティブシンキング。
こうなれたら、もっともっと私の世界は広がるんだろうなあ。

はあ、気がつくと、まあまあ没頭して
内省を満喫した。ここの店でもちゃんと
自分なりに愉しいよ。

そんなに怖がらなくても良いのにね(^_^)
どこでも、そこにいることを楽しめばいいのだよ。

なんて辺りにまとめだして着地して、
大団円である。

あ、帰らなきゃ。

こんなささやかなぐるぐるも、
次に迷ったときに、
思い出して役立てられるといいな、と思い
残しておく。