今日の光 明日の風

毎日出会うモノコトヒト、から何かを感じる自分を観る。言葉遊び

願い事

願いが叶うって言われたら
何をするだろ

今願っていることを
本当に願うだろうか。

広告を非表示にする

山のお肉のフルコース~パッソ・ア・パッソのジビエ料理

門前仲町のイタリアン、『パッソ・ア・パッソ』のシェフ有馬邦明さんの本で、山と渓谷社から発行。

ジビエにまつわる愛とこだわりが詰め込まれてて、面白かった‼

ジビエとは、フランス語で食べられる野生鳥獣、或いはそれらの料理を差します。
猟師さんの処理の仕方によって肉の鮮度、状態がまるで変わってくるというのは想像できるけど、
実は想像以上に、処理のスピードも環境も、仕留め方の精度も問われるんだなあと感心。山のプロ、人としての折り目ただしさを併せ持った人の獲物しか、よい食材にならないというジビエの率直さ。

そういう猟師さんへのリスペクト、
自然環境を鑑みつつ
生き物の命を奪い、
食材として頂ききることへの
プロ意識、使命感、情熱がひしひしと伝わってくる。

猪、ウズラ、ウサギ、鹿、鳩、キジなどよく聞くもの以外にも、ツキノワグマ、ヒグマ、アナグマ、タヌキなどのエピソードと料理の写真もふんだん。

例えば、ツキノワグマの脂は融点が低く、白く美しい。癖がなく生クリームのように使えるなんて、知るよしもなかった。それでつくったアイスやビスコッティも写真があり、とても美味しいのだそう。。

技術と心映えのある猟師さんがご高齢になってきていたり、環境問題による野生鳥獣の減少、逆に保護政策による食物連鎖のアンバランス傾向などに直面し、食の現場からみた社会的、環境的問題も語られており、単に食の楽しみだけを追う本ではなく、哲学をもった職人の奥行きを感じさせてくれた。
シェフの人となりに興味ひかれ、食べに行きたいと思った。

しかし、個人的には、
昨今のジビエは更に難しい状況に晒されていると思う。

原発事故の影響から、東北~甲信越地方(ざっくりですみません)の野生茸などには、規制値をはるかに越える放射性物質が検出されており、栗やドングリなど、動物に好まれる木の実も汚染されやすいといわれている。そうした地域の野生鳥獣は汚染のある植物、昆虫、茸類を食べ続けていることから、生体濃縮が進んでいると考えられる。

現実に熊や猪から高濃度汚染が確認されている地域も。

これもまた人間による汚染だが、
風評を避けるといって、見ないふりをして
食べ続けるという情緒的対応がマジョリティである昨今、
これまでジビエにまつわる問題に目を背けずに来られた有馬シェフが
どのように考えておられるのか、
聞いてみたい気もした。

料理とは味だけではない。
ストーリーを食することも、
料理の喜びのひとつだ。
有馬シェフの文中にもそのように書いてある。
私も全く同感だ。

ジビエはエピソードにとみ、
ストーリーがある食材として非常に魅力的だから、尚更そのストーリーの抱える矛盾、不穏当に触れるか、触れないか、
食べるものとしては気になるところでもある。

スマホ

スマホとの付き合いは難しい。大人でも難しい。まあ、ワタシにも難しい。

子どもなら尚更。
うちの子どもも、上の子が夏休みから持たせることになったけと、
依存がすごい。
しばしばネット上のグループでトラブルがあってるみたいで、つらそうで、昨夜は無理矢理取り上げた。荒れて怒ってもう大変だった。。

しばし返せ返さないで揉み合いに。大学の体育で一年間だけ合気道を選択していたのだけど、技なんかは全く出来ないが力のかわしかたなんかはちょっと覚えてて役に立った(笑)       

落ち着いてから話をする。

最後は穏やかに静かになった。

お風呂で頭を洗って、漫画を読んで、青いミカンを食べて、歯磨きして布団にいったら直ぐに寝おちた。
    
こんな無理矢理に取り上げること、
良いのか悪いのかわからない。
親の身勝手か?
でも、寝顔や寝る前の談笑、穏やかな返事は最近なくしかけてたな、と思う。

最近は甘えるみたいに触ってきたりもなく、終始イライラしていた。

家族はスマホに没頭するのを邪魔する敵みたいになってる感じだった。

子どもにとって、多分ツラくなってることがわからないツラさ。
(そういう種類のものは、残念だけど子どもの周りに沢山ある。得てしてそれは、子どものためという形で近づき、子どもの自由や自発性を弱めることになる気がする。)

それをわかっていて与えてしまって、
結局葛藤を引き受けるしかないんだなー。

悪者、横暴母さんにはなりたくないが、時々は横暴になってしまおう、
身勝手かもだけど、休ませよう、と
寝顔見て思った。

広告を非表示にする

色彩をもたない多崎つくると、彼の巡礼の年

図書館で借りた『色彩をもたない多崎つくると、彼の巡礼の年』また今さらながら読了。
じっくり読んで3日ほどかけて。

石田衣良さんの『水を抱く』も読了。
こちらはおおよそ4時間ほどで読み終わった。

私は村上春樹さんが好きだが、読むタイミングがいつも遅い。
ねじまき鳥や1Q84も買うまでに数年遅れてしまった。
今回も、約2年遅れかな?

今回は特に、今まで読まなかったこと、今読むことになっていたのか、と運命思考を発動するほど、タイミングがいい読書になった。

いくつかの言葉が光って見えるみたいに感じたのは、私が今その言葉が必要だからかなあ。

『人の心は夜の鳥なのだ』

『人と人の心は調和だけで結びついているのではない。それはむしろ傷と傷によって深く結びついているのだ(中略)痛切な喪失を通り抜けない受容はない。それが真の調和の根底にあるものなのだ』

『例え君が空っぽの容器だとしても、それでいいじゃない(中略)それなら君はどこまでも美しいかたちの入れ物になればいいんだ』

この言葉がとくに今の自分に響いた。

今回も、村上春樹さんらしいモチーフがいくつも使われている。
なんとなくな暗喩的にしか出てこなかったものも多かったけど(死を招致する石、六本めの指、かつての美しさと輝きを失った女性(滅びた王国?)鳥の声、夢…)。

正直、この話を『こういう物語』ってまとめあげて、レッテルをはるのは私にはできない。
今の自分が強い印象を受けたところを残すのみに留めておく。
でも、購入してまた読もうと思う。

『水を抱く』の方は、どうなんだろ。
比べる訳でなく、好みの話なんだけど。
最後、ささやかで小さいけど確実な救いと希望が書かれていて、ある意味読者としての期待は回収された。
しかし、なんかこう、
しっくりしないのは、
まだ東日本大震災が自分の中で続いていて、
それがここで書かれているものとの印象が違い過ぎるからかなあ。

私の中ではまだ、五年。なんだけど、その
震災での悲劇に端を発した(らしい)主要登場人物のナギのこわれっぷりは、かなり習熟度が高すぎる気がする。刊行されたのは2013年だ。
ナギがあそこまで壊れ、壊れた世界に溺れている年月と行動はもっと長くて深そうで決まっているように感じていたのに、え?え?
これでそうなったの?
まああるかもしれないけど、、その前から壊れてたんじゃないの?
なんか、説明足りなくない…?
これから世の中の時間が経過して、読む人の時間が追いつき、ナギの物語も自然になっていくんだろうか。
だが、私にはまだ早すぎた。かもしれない。
なんでたった二年でああいうのを書けるのかがわからない。いや、実際今の私がわからないんだから、五年でもダメなんだ。。
多分、私の中の時間の流れかたとは違うんだろう。

そして、震災という要素の扱いは人それぞれだろうけど、私この小説の扱いは合わなかった。
それだけのことかと思う。
壊れた女と、愛したい男。
物語自体は面白かったし、
最終的に温かい救いのある話であった。

ひとつ、続けて読んでみて、
説明不足という意味では、村上春樹さんの物語にかなわない。
いや、しかし説明不足ではないんだと思う、村上春樹小説は。情景や何かの物に対する説明は偏執的(変質的ではないよ)な箇所すらもあると思うくらいで、説明はかなりきちんとしてくれる。
語られないものがある、だけ。
欠落や喪失が浮かび上がらせる存在感。読者は知ることが永遠に出来ない謎、エピソードが、物語の裏側に沢山の時間軸として存在する『気配』だけを感じることができる。

全てある。どこかには。

知ることができるか出来ないかには
関係なく。

この本もまた読もう、
手元に置こう。
やっぱり好きだムラカミハルキでした。

どこか傷がある人が好き。

傷がない人なんていないかもしれない。

傷の形が、
それぞれに見合う人を引き付けあっているんだろうけど。

欠けて失われてしまった部分があって
少し虚ろだったり、まだ生傷だったりするかもしれないし、
別のものがそこに居座っちゃったりしてるかもしれない。

そこに関われたら、触れられたらと、
欲望と読んでも差し支えない希求を覚えることがある。
そこに関わることで、
自分の存在や価値、働きを、
つい見たくなってしまうんだろうね。
ちょっといやらしいな。

でも大抵の場合、何も出来ないんだ。

何も出来ないまま。
ただ観ている。

その傷はその人だけの持ち物だ。
変えて癒すことも、共に生きていくことが出来るのも、当人だけだ。

それでも傷がある人が好きだ。

時々、どこか遠くにいってしまう。

その人がどこか遠くに意識を馳せてしまってる姿を眺める。
その時が割合に好きだ。

遠くをみて、心がここにいない彼女、彼を
美しいと思うこともある。
からっぽで、景色の一部になってしまうその人のその時。
横顔や背中を眺めながら、これからずっと幸せであって、と切に心底願ってしまうのだ。


だけどね、傷がない人も好きだ。
それは小さな子どもだ。
傷が少なかったり、傷を問題にしないのは
子どものような人だ。
或いは、子どものような部分(パート)?

朗らかで、強い。

まばゆくさえ感じる。

まばゆさに癒されながら、
励まされながら、

人の(自分の)傷も観ている。

広告を非表示にする

「嫌われる勇気」

遅ればせだが、今日「嫌われる勇気」読了。
なかなか読む踏ん切りがつかなかったのだが、友人の「アドラーは承認欲求を否定している」という言葉で購入に踏み切った。
対話形式で大変読みやすい。
読み進め、他者に依存する承認欲求に支配されることなく、自己受容に基づいたライフスタイル(生き方)を選択する、という意味なのだとわかった。

因果律ではなく、目的論。
他者と自分の課題の分離。
他者信頼(敵ではなく味方にと捉える)。
自己受容。今ここのエネルゲイア人生観。

対人関係のゴールは共同体感覚である。
幸福の感覚=他者貢献。

作品中の青年よろしく
今だから、読めるよ、私も。と思う。

シュタイナー幼児教育の共同体で6年間毎日考え続けたこと。「共同体意識とは何か。どうあるべきか。」
野口整体での、人の承認欲求や病、怪我の目的論。それを踏まえてなお、より生ききる「全生」の思想。
通じる。何か通じている。

ちっ。。
頭が混乱してる。
これを言い始めたらキーネーシス的人生論てなるのか?
わからん。

これはダイジェスト入門書だもんね、わかるわけないかもしれないけど
多分きっと何度も読む。

この今の感覚を記するためにも、
シュタイナー幼児園での
こどもが毎日諳じていた祈りの言葉と、
私達大人が、会議の前後に唱えた誓いを添え書きしておく。

○幼児の祈り
『私のあたまも 私の足も かみさまのすがたです
 
私は心にも 両手にも 
かみさまのはたらきを感じます

私が口を開いて話すとき 
私はかみさまの意志に従います
 
どんなものの中にも 
おかあさまやおとうさまや 
すべての愛するひとのなかにも
どうぶつやくさばなや
木や石のなかにも
かみさまのすがたがみえます
 
だから こわいものは何もありません
私のまわりには 愛だけがあるのです』

○シュタイナーの言葉
『癒されるのは唯一 一人ひとりの心の鏡に 共同体全体が 映し出されるときである そして 共同体の中に 一人ひとりの力が 生きるときである。』

『行動においては 愛に生きること 他者の意志に対しては それを理解し生かしめること これが 自由な人間の生き方の 基本となる姿勢である』

広告を非表示にする

誰に?

誰にともなく。

私は私のものです。

誰のものでもありませんし、
誰のものにもなりません。

私さえ、そう決めていれば、

決心してしまえば、

そうならざるを得ない。

私の心も身体も存在も
私自身だけが自由にし、
生かし、選び、整える。

だから、
どうありたいかを
妥協せず剥き出しに決めるのだ。

誰に言う必要もないが、
そんなことをもし話せるヒトがいるなら、
それは大きな幸甚である。

決心して、話せばもうそれは、
叶ったも同然の約束になる。

広告を非表示にする